2007年05月22日

平成電電匿名組合新聞広告〜初期募集(両者のお金集めの模索の始まり)

平成電電匿名組合の初期広告(平成15年8月〜平成16年2月)から、
第2期募集広告に至った経緯に迫ってみたいと思います。
(区分は個人的につけてます。世間では大まかに予定配当8%と10%の2区分?)

実際掲載された新聞広告画像の下に、
今回の調査結果を広告掲載数、期間など、また、実際に集まった額など
比較参照に作成してみました。(破産社資料より出資金額、確認済み)

平成電電設備(01関東)匿名組合募集新聞広告
01heiseidenden_tokumeikumiai.jpg

平成電電設備(02関西)匿名組合募集新聞広告
02heiseidenden_tokumeikumiai.jpg

平成電電設備(03A東日本)匿名組合募集新聞広告
03A_heiseidenden_tokumeikumiai.jpg

平成電電設備(03B東日本)匿名組合募集新聞広告
03B_heiseidenden_tokumeikumiai.jpg

平成電電設備(04関西)匿名組合募集新聞広告
04_heiseidenden_tokumeikumiai.jpg


広告と結果、集まった金額を照らし合わせると、
平成電電(株)や平成電電設備が、いろんな種類、掲載の仕方、で
どのくらい集まるか、模索しているように見えます。
5種類の初期広告は種類がいろいろ。
新聞社1社あたりの掲載数は少ない。

★大手新聞社へ広告掲載ということもあって、
 第1回〜第4回匿名組合では
 合計、26億3300万円 集まりました。
 
★日経新聞ではこの頃、平成電電へ直接投資をする「パートナー」の
 2期募集が、2度掲載されてました。

★成績の良かったのは、8%の文字が強調され、
 具体的な毎月配当予定金額が表示された[3]や、
「食パン」に8%の文字の[4]で朝日新聞掲載分です。
 この後、少しずつ変化はありますが、基本形が出来てきます。

 この表示方法は、金融庁で(当時は平成電電匿名組合は監督下になかった)
 当時金融機関などによる誤認を招く利息額表示が横行していたので警告を出し、
 現在では、あまり見かけなくなりました。

この初期の後、新聞広告募集第2期(平成16年4月〜9月)は
資金調達率で優秀だったためか朝日新聞1社(たまに読売)で毎月掲載されてます。


朝日読者が「ずっと掲載されていた」の記憶を持っているのがわかりました。

 
posted by toto at 23:58| 東京 ☀| ■新聞広告画像/1〜4号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。