2010年09月30日

平成22年9月29日(水)最後の債権者集会(平成電電設備社、平成電電システム社)

平成22年9月29日(水)第8回目、最後の債権者集会が行われました。
150席程の部屋に120〜130人程で、粛々と管財人報告のあと、質問へ。

A氏)今まで8回配当があったが債権者集会になってから
   2回の配当で終わったという理解でいいのか。

管財人)『
配当』という言葉ですが、破産前の『配当』という言葉と
   性質が違います。破産前は、利益が出て、振込があった訳ですが、
   破産配当は、残余財産を分けたものを示します。

B氏)役員は、今どうしているのか?
   住んでいるところなどを調べて、少しでも返してもらわないと
   怒りが収まらない。

管財人)役員だった、熊本、坂上、両氏については、刑事裁判で有罪、
  2審も有罪、更に上告中と聞いています。詳しくはわかりません。
  民事的には、両者の破産申立てをして終結、
  法律では、財産を回収し、換価し終わってます。

C氏)破産管財人として、今回の事件の所感を聞かせて頂きたい。

管財人)私は、倒産事件を多く扱っていますが、今回、印象深いのは、
  個人の方が非常に多く、大事な資産、なけなしのお金と言いましょうか、
  それを投資してこのようなことになったという事を、肝に命じて事件に
  あたりました。ハンド社、熊本徳夫、坂上好治をそのような思いから、
  破産させ、また、平成電電(本体)から出来る限りの法律を駆使して、
  回収しました。どうか、ご理解頂きたいと思いますし、私は、この事件を
  これからも忘れないようにしていきたいと思っています。

D氏)刑事事件になったようだが、罪状は何なのか?
  『詐欺』なのか『横領』なのか
  そのような場合、税の損金などで戻らないのか

管財人)『詐欺』ということで有罪の判決が出たという事は聞いてます。
  損金については、個々の事情によって違うのでわかりません。

E氏)債権者に対し騙すつもりはなかったということだが、
   実際騙した訳なので、今日は、本人が来ていないようだが、
   代理人に彼らがどのように思っているのか聞いてる事が
   あったら教えて頂きたい

代理人)自分は、破産事件についての業務を依頼されただけであり、
  刑事裁判は担当していなく、聞いていない。

※配布資料は、収支計算書入れて、A4〜4枚
平成電電設備社システム社_債権者集会_最終回_報告書.pdf


posted by toto at 17:36| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

残暑お見舞い申し上げます

連日猛暑続きですが、ご自愛ください
涼しげな朝顔たちです
2010827朝顔.jpg
posted by toto at 05:27| 東京 🌁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

暑中お見舞い申し上げます


外出時は水をこまめに飲んで、涼しい服&日傘 ご自愛のほどお祈り申し上げます
img_1197270_35736278_0.gifimg_1197270_35736278_0.gifimg_1197270_35736278_0.gif

8月4日(水)は、熊本徳夫の刑事裁判控訴審、判決
一審と変わりがありませんように


posted by toto at 15:12| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

感謝

『野山の秋の花の香り』の写真をメールで頂きました晴れ

無機質なブログだったので、勝手ながらブログの横に掲載させて頂きました。
目の保養に・・、ではなく・・・心に余裕をもって、ですね!

また、コメント頂く方々にいつもどうもです。
言葉が足りなくてスミマセン、いろんな人に感謝です(2007年9月14日追伸)

ブログ横のお花の写真は遠方の出資者の方より、送って頂いたものです
感謝、感謝です
posted by toto at 22:35| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

平成19年6月7日朝日新聞朝刊11面記事に、怒りです

昨日6月7日朝刊の記事、その日最も注目されたであろう記事の同じ『囲み』に
読者の多くの平成電電匿名組合出資者の目に触れるのをわかっていながら、あえて
掲載しているところに怒りを感じます。

大和都市管財詐欺事件、国の敗訴に関連して『消費者保護に警鐘』の記事に、
『さらに金融商品取引法が今年9月に本格施行されると、平成電電の詐欺事件など
で問題となった匿名組合を使った投資にも規制が・・・』のくだり・・、そして、

『投資しない勇気も必要』〜暮らしの視点、引用
被害を受けないためには、業者のPRが本当か、
投資前に徹底的に調べるなど自己防衛の意識も欠かせない。
業者の住所や登録番号、処分履歴は金融庁で調べられる。
複数の業者に話を聞いたりして事業に実体があるかも確認しよう。
心配な点があれば、各地の消費者センターでも相談できる。
同じ事業内容なら、利回りの高さよりも安心感を重視して商品を選ぶ事も大切だ。
いくら調べても、不安が残るなら投資しない勇気を持とう。
銀行の金利は低いが、一定額までの元利金は確実に保証される。


これらの言葉を、そっくりそのまま、朝日の広告掲載姿勢問題として、返しますちっ(怒った顔)

平成電電匿名組合1号〜21号まで、途切れる事なく、全募集広告の掲載をした朝日新聞は特に、自社他社認める新聞広告の影響力の大きさ、動機、きっかけの要素になり得る事を、充分知っている。
現に自社新聞を広告媒体としての優秀さをデータで表し、誇りにしている。
掲載頻度により、広告主に対する信頼感、ブランドイメージにつながる効果あり、としている。

長引く低金利時代、不特定多数の人に向け、8%、10%、毎月配当予定という高金利商品の広告(具体的配当金額表示)を出し、法律のアナを巧みに利用した佐藤賢治や熊本徳夫がおおもとには悪いのですが、「好評につき」毎月のように「締め切り迫る」と破綻直前まで9ヶ月にも渡り、広告に書き、出資者を募り続ることを、何も調べず掲載を受け入れた。

出資金の募集、「好評」が続いていたら、読者への影響力が大きかったことを容易に推測でき、新聞社の調査力を持ってすれば、不穏要素を発見し、早いうちに、広告を載せることを断る事ができ、被害の拡大は防げた。

遡れば、初期の方で出資をした人も、大手新聞広告掲載ということで、
特段、怪しんで資料を取寄せてはいない。
投資先を調べるというのは、不信感があるときに調べる、といったことを露呈した記事。

『自己責任』その言葉の重みは、平成電電破綻から現在に至るまで、平成電電を
思い出すたび、つきまとい、何度となく、無念を感じざるを得ませんでしたが、

この記事の掲載の仕方をみて、自己責任ですむ問題とは思えなくなりました。

大手新聞社の過去に新聞広告を頻繁に掲載したことへの責任を問わなければ、
平成電電問題は解決しない。

posted by toto at 23:08| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

当ブログにいらして下さった方へ

匿名組合出資募集 新聞広告や新聞記事のことでお気づきのこと、など
ございましたら、どんな些細なことでも下記アドレスへメールをください。
(コメント欄で差し支えなかったら、コメント欄へお願いします。)

    tokumeikumiai_koukoku@yahoo.co.jp

裏付けの取れそうなものは、頂いたメールをきっかけに調べてみたいと思います。
(都内図書館、etcです。地方掲載は日付、掲載回数も違うようです。)

平成電電(株)に何が起きていたのかは、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B9%B3%E6%88%90%E9%9B%BB%E9%9B%BB&oldid=12283468
を最近久しぶりに見たら、時系列で詳しく載ってました。
新聞広告時系列と照らし合わせていくのに、見やすいです。

会社の経歴として見ていくと「事業の失敗」のようにも見えます。ちっ(怒った顔)
そうではなく、企みは、第1弾匿名組合募集当初から考えられていたんだ、
ということを、新聞広告掲載状況や過去におこった事実、記事などを中心に、
発信できるように微力ですが考えていきたいと思います。


※平成19年5月31日現在から、こちらのメールアドレス利用は終了します







posted by toto at 23:57| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

平成電電匿名組合出資新聞広告ブログへコメントありがとうございます。

5月1日からスタートしたブログですが、いろいろコメントをいただき、
たいへんありがとうございます。

予定は、毎週火曜日更新を目標に、6月下旬には、各社掲載分完成させるよう
調べています。

新聞広告に絞ったきっかけ、経緯は、昨年平成電電システム(株)の破産資料の
18号口座明細で、資金の流れをみてからです。

18号は平成17年6/1〜6/30募集。この1カ月だけ50億6000万、
全号通して結果的に最大の集金をしてました。

「頻繁に掲載」の数が2回説が多かったので調べたところ、18号から破産に至る
までの4ヶ月間、大手新聞社に新聞広告を3〜4回掲載。

当時の営業者は、例えば18号は、6月30日に締め、
翌日には、44億1000万、1週間後には5億9000万、
合計50億、ほぼ全額を、平成電電(株)が実質管理していた
「ドリームテクノロジーズセールスジャパン(佐藤)」へ振込。
その一方で、熊本が代表であるハンドキャピタル(株)は、平成電電(株)から
コンサルタント報酬をもらっていたり。(このような仕組みになってるとは想像も
出来ませんでした。ほかにも、もらってるもの、関係している人もあるでしょうね、
490億も集めたんだから。相当用意周到、緻密な計画があったと思います。)

当時電話で問合せしたところ「設備はほぼ揃ったので、あと1ケ月募集するか
しないか。」と答えてました。
そのあとも、大手新聞社に1週間に一度の割合で、掲載を続けた。

今思えば、ウソ、だったのです。騙されたのです。
資金の流れをみたとき、人生で一番、頭に血が上って怒りで震えました。

契約上は、出資者は「平成電電システム・設備(株)」と契約したのであって、
「平成電電(株)」は関係ないと、佐藤、熊本は言って、民事再生手続きの枠組み
の中、計画どうり、匿名組合員を契約どうり、切り捨てようとした。
が、スポンサーに降りられ、両社は破産。

まだ民事再生中だった時期から早々に限られた制約のなか、弁護団が代弁者として
最大限のことしてくださった結果、破産管財人は認めるかは別としながらも、
それぞれの業務を遂行する立場をみせながらも、両管財人とも最大の債権者、
最大の被害者は匿名組合員、として認識して調査、検討されてると思います。
(2社あり、分断されるところですが、この破産事件の両方の裁判長は同じです。)

警察は、大勢いる被害者の思いを受け、おそらく破産したことで得た情報から、
罪を最大に重くできるよう、両者を同時に巨額詐欺事件の疑い、詐欺として逮捕。

新聞広告の取り扱いは「出資の動機」に大きく関わっていることとして、
それぞれの中で、関係する部分は、調査されていってることと思います。
けれど、その4者が調べる事は、それぞれが、それぞれの目的ために利用するもの
であって、4者が調べる事の被害の実態の多くの資料の中のひとつ、です。

法律を駆使してそれぞれが、刑事、民事、出来る権利の行使をし、
現在も鋭意、努力をされているので、法律のこと、ましてや、裁判がどうなるかは、むずかしいし、専門家ではないので、誰に責任を取らせるとかは、それぞれの方々を信頼し、一切をお任せしたいと思います。

当事者のわたしが、今、やりたいのは、全号の新聞広告のアップをして、
浮き彫りにしたいのです。
ブログという形ですが、検索をすれば、少しでも多くの、誰にでも、
「新聞広告により被害の拡大」が起きたことを、一目瞭然に確認することができ、
当事者からの発信として、過去に何が起きたのか具体的な事実が伝わって欲しい
と思います。

第1種通信事業者の許可を与えた総務省
平成17年1月には問題事例として上がっていた、金融庁
不特定多数に向けて発信されている大手新聞社に掲載されている状況のなか、
この新聞広告が、一回も目に入らなかったとは思えません。

コメントのお答えになっていなかったらすみません。
また、文章が長くなりすみません。最後までお読み下さりありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by toto at 22:35| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。