2010年12月02日

平成電電匿名組合募集広告掲載大手新聞社 控訴審判決/報道新聞記事

平成22年12月1日、判決が言い渡されました。
「棄却する」(原告の主張は認めない)

傍聴人30人程。

今回は、傍聴席は、テレビ無し、傍聴記者少々。

最高裁への上告期限が短いため、判決書類を大急ぎでコピーして郵送するとのことで、
判決文は2〜3日中には着くそうです。今回、高等裁判控訴審原告数は約110名、最高裁までやってやるぞ!という意気込みがある希望者は、やはり同110名程とのこと!(すごい!)みなさん志が高く、裁判所の考えが1mmでも、大きくでも変わるようがんばりましょう!

(大手新聞社、日本経済新聞社、朝日新聞社、読売新聞の)
  新聞広告を見なければ、被害に遭わなかった


これは、110名のことばかりではなく、一万人以上の被害者の声です。

この内容の掲載紙は、

12月1日(水)夕刊、各紙なし
12月2日(木)朝刊「日経」「朝日」掲載
          
「読売」「産経」「毎日」「東京」掲載なし

日経紙面:12月2日(木)朝刊(社会面)・・・・・・・・・・・・・・・・

『広告掲載責任二審も認めず
 平成電電詐欺巡り

2005年に経営破綻した平成電電を巡る詐欺事件に絡み、出資者らが出資金募集の広告を掲載した日本経済新聞社、朝日新聞社、読売新聞東京、西部両本社に合計約2億円の損害賠償請求を求めた訴訟の控訴審判決が1日、東京高裁であり、鈴木健太裁判長は請求を棄却した一審・東京地裁判決を支持し、原告控訴を棄却した。
原告側は「広告内容を調査する義務を怠った」などと主張したが、鈴木裁判長は判決理由で「新聞社側が広告内容の真実性に疑問を抱くべき特段の事情はなかった」と指摘。「読者に不測の損害を及ぼすことを予見するのは困難だった」と述べた。

朝日紙面:12月2日(木)朝刊(社会面)・・・・・・・・・・・・・・・・

平成電電訴訟
 二審も出資者敗訴


通信ベンチャー「平成電電」の投資詐欺事件に絡み、「新聞広告を見て出資をし損をした」とする出資者らが朝日新聞社などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(鈴木健太裁判長)は1日、一審に続いて、原告側の請求を退ける判決を言い渡した。
判決は「広告内容の真実性に疑念を抱くべき特別の事情はなく、読者に不測の損害を及ぼす恐れがあると予見するのは困難だった」と一審・東京地裁判決通りに認定。出資者らの控訴を棄却した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞の記事には、怒り心頭です。あきれました。
客観性も、公平性もあったもんじゃありません。
訴状には、そんなことは書いてないし、判決にも書いていない。



posted by toto at 06:59| 東京 ☀| 事件関連記事【2010年】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。