2010年09月30日

平成22年9月29日(水)最後の債権者集会(平成電電設備社、平成電電システム社)

平成22年9月29日(水)第8回目、最後の債権者集会が行われました。
150席程の部屋に120〜130人程で、粛々と管財人報告のあと、質問へ。

A氏)今まで8回配当があったが債権者集会になってから
   2回の配当で終わったという理解でいいのか。

管財人)『
配当』という言葉ですが、破産前の『配当』という言葉と
   性質が違います。破産前は、利益が出て、振込があった訳ですが、
   破産配当は、残余財産を分けたものを示します。

B氏)役員は、今どうしているのか?
   住んでいるところなどを調べて、少しでも返してもらわないと
   怒りが収まらない。

管財人)役員だった、熊本、坂上、両氏については、刑事裁判で有罪、
  2審も有罪、更に上告中と聞いています。詳しくはわかりません。
  民事的には、両者の破産申立てをして終結、
  法律では、財産を回収し、換価し終わってます。

C氏)破産管財人として、今回の事件の所感を聞かせて頂きたい。

管財人)私は、倒産事件を多く扱っていますが、今回、印象深いのは、
  個人の方が非常に多く、大事な資産、なけなしのお金と言いましょうか、
  それを投資してこのようなことになったという事を、肝に命じて事件に
  あたりました。ハンド社、熊本徳夫、坂上好治をそのような思いから、
  破産させ、また、平成電電(本体)から出来る限りの法律を駆使して、
  回収しました。どうか、ご理解頂きたいと思いますし、私は、この事件を
  これからも忘れないようにしていきたいと思っています。

D氏)刑事事件になったようだが、罪状は何なのか?
  『詐欺』なのか『横領』なのか
  そのような場合、税の損金などで戻らないのか

管財人)『詐欺』ということで有罪の判決が出たという事は聞いてます。
  損金については、個々の事情によって違うのでわかりません。

E氏)債権者に対し騙すつもりはなかったということだが、
   実際騙した訳なので、今日は、本人が来ていないようだが、
   代理人に彼らがどのように思っているのか聞いてる事が
   あったら教えて頂きたい

代理人)自分は、破産事件についての業務を依頼されただけであり、
  刑事裁判は担当していなく、聞いていない。

※配布資料は、収支計算書入れて、A4〜4枚
平成電電設備社システム社_債権者集会_最終回_報告書.pdf


posted by toto at 17:36| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。