2010年08月05日

平成22年8月5日(木)各朝刊/平成電電詐欺事件刑事高等裁判控訴棄却記事(熊本徳夫、坂上好治)

はぁ〜右斜め下。。。読売新聞記事によると即日、上告したようです。
検察側の一審求刑は、詐欺罪で実刑10年だったのが、法律に基づいて実刑6年と判断されて
苦渋の納得をせざるを得なかったのが・・・・
しぶといです。が、熊本は、9月の最後の債権者集会に、出席できそうです。
事件の主体となっている被告佐藤賢治の控訴審の判決は、9月6日13:30(506号法廷)です。

///////////////////////////////////////////////

日本経済新聞(平成22年8月5日(木)朝刊、社会面)

『被告2人の控訴棄却 平成電電詐欺で東京高裁


通信ベンチャー「平成電電」(破産)の投資詐欺事件で、詐欺罪に問われた関連会社元社長、熊本徳夫被告(58)と同社元取締役、坂上好治被告(52)の控訴審判決が4日、東京高裁であった。中山隆夫裁判長は熊本被告を懲役6年、坂上被告を懲役3年とした一審・東京地裁判決を支持、両被告の控訴を棄却した。両被告は詐欺の故意はなかったと主張したが、中山裁判長は判決理由で「実体のない取引だと認識していた」と認定した。判決によると、両被告は2005年8月、「通信設備の購入に投資すれば高利が得られる」などと虚偽の説明をし、30人から3億6千万円を集めた。

///////////////////////////////////////////////

朝日新聞(平成22年8月5日(木)朝刊、社会面)

『平成電電系2審も実刑』

通信ベンチャー「平成電電」向けにリースする通信機器への投資話を持ちかけ、多額の金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた関係会社「平成電電システム」元社長・熊本徳夫被告(58)に対し、東京高裁は4日、懲役6年とした一審・東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却する判決を言い渡した。同社元役員・坂上好治被告(52)を懲役3年とした一審判決も支持し、被告側の控訴を棄却した。

///////////////////////////////////////////////

読売新聞(平成22年8月5日(木)朝刊、社会面)

『「平成電電」関連会社元社長らの控訴棄却 東京高裁』

通信機器の購入に充てるという名目で、一般投資家30人から計3億6000万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われたベンチャー系通信会社「平成電電」(東京渋谷区、破産)の関連会社「平成電電システム」(破産)「平成電電設備」(破産)元社長熊本徳夫(58)、同社元役員坂上好治(52)両被告の控訴審判決が4日、東京高裁であった。
中山裁判長は、熊本被告を懲役6年、坂上被告を懲役3年とした1審・東京地裁判決を指示し、控訴を棄却した。
両被告側は同日、上告した。

///////////////////////////////////////////////
posted by toto at 18:01| 東京 ☀| 事件関連記事【2010年】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。