2010年05月28日

「債権額ゼロの査定取り消し」平成電電出資者に地裁/日本経済新聞記事/平成22年(2010年)5月26日(水)夕刊

良かったですね晴れ
長い間に渡る訴えが認められました。
「不法行為による損害賠償請求権」
この請求が裁判所で全面的に認められたのはこの事件で大きな意義があると思います。
心が晴れ晴れした気持ちです。
平成電電株式会社への債権者届けや集会は終了しています。
破産管財人は、河野玄逸弁護士。
(債権額は21億とありますが、平成電電株式会社の破産に関しては、小林管財人、匿名組合員債権者が行った平成電電に対するリース債権(小林管財人は全匿名組合員のため早期尚かつ最大の回収を計るべく、
機材が無かったことは管財人としていっさい触れないようにしてました)なども含めて、全ての清算は済んでいて 残っているのは僅かなので全額配当という訳ではありません。)

夕刊社会面、天気予報の左下。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信ベンチャー企業「平成電電」の破産手続きで、損害賠償請求権などの債権額を0円と査定した裁判所の決定は不当として、出資者計約370人が取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、請求を全面的に認め、債権額を計約21億円とした。

村上正敏裁判長は「平成電電側は出資を募る際に虚偽の説明をしており、説明義務違反は明らかで原告らに対する損害賠償責任がある」と判断。

平成電電の管財人は「原告らは関連会社の方の破産手続きで既に配当を受けた」と主張したが、判決は「平成電電と関連会社は連帯責任を負い、債権全額が消滅しなければ平成電電の破産手続きで権利行使できる」とした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
共同通信からの配信
/2010/05/25 22:03/
平成電電の債権ゼロ査定取り消し 東京地裁
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052501001114.html
posted by toto at 05:52| 東京 ☀| 事件関連記事【2010年】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

広告調査義務違反画期的判決(2010年5月12日大阪地裁)

熱心な出資者のひとから教えて頂きました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100512-00000157-jij-soci(時事通信社配信)
雑誌社に広告の確認義務=パチンコ攻略法被害−大阪地裁

 パチンコ攻略法の雑誌広告を見て購入した情報が虚偽で被害を受けたとして、堺市の会社員男性(29)が雑誌発行元の「未来インターナショナ
ル」(大阪市)と広告代理店「クエスタ」(東京)に255万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。後藤誠裁判官は「広告内容を何ら
確認していない」
として両社に約76万円の支払いを命じた。
 男性の弁護団は「非常に画期的な判決だ。悪徳商法広告の安易な掲載に対し警鐘とな
る」
と評価した。
 判決は「広告に対する読者の信頼は、雑誌や発行者に対する信頼と全く無関係ではない。雑誌社や広告代理店は読者に不測の損害を
及ぼすことを予見した場合には、真実性を調査確認する義務がある」と指摘
した。
 その上で「日額10万円以上」などとした打ち子募集広告に関し
「真実性に疑念を抱くべき特別の事情があった」として両社の過失を認めた。ただ、男性の過失についても「相当に大きい」とした。

同ニュース記事(朝日新聞社)
2010年5月12日22時17分
http://www.asahi.com/national/update/0512/OSK201005120143.html

同ニュース記事(MSN産経ニュース)
2010.5.12 20:14
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100512/trl1005122014010-n1.htm
posted by toto at 23:31| 東京 ☀| 広告、新聞社のことの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

刑事裁判「控訴審初公判」予定(佐藤賢治)

平成22年5月14日(金)11:00〜 
東京高等裁判所第506法廷
(東京地方裁判所と同じ所)
posted by toto at 16:35| 東京 ☀| 平成電電詐欺裁判【刑事】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成22年(2010年)5月10日(月)刑事裁判/高等裁判・被告人 熊本徳夫への尋問

今日は弁護側証人質問と被告人への質問で、
あんまりごちゃごちゃ書いても何なので、結論から言うと・・
「詭弁」通り越して、「荒唐無稽の理解不能の支離滅裂」な熊本証言でした。
posted by toto at 16:29| 東京 ☀| 平成電電詐欺裁判【刑事】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。